今回は、バンコクとジャカルタのライブバーの違いについて。

最初ジャカルタに来たときに、さほどバンコクと変わらない感じがしましたが、文化背景(おそらく一番は宗教感かな?)の違いが垣間見れて面白いですね。

-お店の外観

-設備の違い

-お客の違い

-選曲の違い

-日本の曲

お店の外観

バンコク・ソイカウボーイ

バンコクの場合は、ソイカウボーイのようにどこもギラッギラです。ナイトマーケットなどほとんどオープンな感じのお店でガンガン、ライブしてます。

ジャカルタの場合、ここに店があるのか?というようなところにあるケースが多いですね。入ってみると外観と違って中身は意外に派手。
バンコクよりもデカイスペースの場所が多いです。

タイではお酒やバーもオープン。逆にジャカルタではあまりオープンに飲まない傾向がお店のつくりに反映されているように思います。

設備の違い

ジャカルタは設備が良いところが多い

ジャカルタは、どこも本当に設備がいいです。まぁ普通と言えば普通なのですがw バンコクは機材が本当にボロいところが多いです。。。

でも一番の違いは、ギターアンプ。
ジャカルタはギターアンプがないところが非常に多い。ほとんどがライン出力。ここは結構本当に大きな違いですね。
合わせてエレドラのところも多いです。

お客の違い

バンコクは観光地なので、外国人客も多くノリも良いです。
ナイトマーケットなどローカルエリアにあるライブバーでは、ローカル(タイ人)のお客さんが、比較的多いです。

ジャカルタは、どちらかというと観光地ではないので、一部のバーを除いては殆どがローカル(インドネシア人)のお客さんという印象。ジャカルタでも外国人客が多い店がやはり基本的に盛り上がりますね。

選曲の違い

イングリッシュソングに関しては、基本的にはさほど違いはないですが、バンコクは盛り上げ重視で、ジャカルタはバラード率が高い感じ。

例えばBonJoviで例えると、バンコクではほとんど聞かなかったですが、Bed of roses、Thank you for loving me、Alwaysは鉄板のようです。

あと何故かSteal Heart のShe’s goneが大好きなようでこの曲はどこ行っても演奏してます。

日本の曲

知っている日本のバンドは?と聞くとバンコクもジャカルタも大体が、LOUDNESSとX JAPAN。

カラオケの女の子に言わすとONE OK ROCK 笑
(逆にミュージシャンの方がONE OK ROCK知らないケースが多いw)
あとは、宇多田ヒカルのFirst loveか、AKBですかね?

AKB48に関しては、各国でBNK48(バンコク)、JKT48(ジャカルタ)とローカライズされたアーティストが存在するため比較的認知度が高いですね。

バンコクで演奏される日本の曲といえば!?
・北酒場
数年前にもホンダのバイクのCMで使われていましたが、大昔にも大ヒットしたらしく、意外と演奏できるミュージシャンが多いのです。
あとは、カサブランカや昴、夢追い酒も実は有名w

タイのホンダ・スーパーカブのCM

ジャカルタで演奏される日本の曲といえば?
・心の友
老若男女みんな口を揃えて言いますw
1983年にインドネシア国内の若者向けラジオ局が流したことがきっかけで一躍大ヒットしたとこか。こちらも結構演奏できるミュージシャンが多いです。
日本人ですが、インドネシア来てから知ったんですけどw

あとは、
・Kiroroの”未来へ”。

インドネシアでカバーされて大ヒット。
でも逆にKiroroのことは、さほど認知度が高くないという事実w

日本から見たら似たり寄ったりに思われがちな、東南アジアのタイとインドネシアですが、国が変われば色々違うもんですね。

このインターネット時代でも、日本で今大ヒットしている曲はほとんど知られていないのが、なんかちょっと勿体ない気がします。。。

それではまた。